ホーム > 6/19は「父の日」&「ベースボールの日」!!親子で観たい野球映画特集

6/19は「父の日」&「ベースボールの日」!!親子で観たい野球映画特集

突然ですが皆さん!6/19(日)が何の日かご存知ですか!?「そんなの知ってるよー」と思われる方も多いでしょう。そうです、まさしくその日は「ベースボールの日」です。1846年のその日、公式の記録に残る史上初の野球の試合がニュージャージー州で行われたからなのです。そして、奇しくもその日は「父の日」でもあります。カレンダーによれば、前回「父の日」と「ベースボールの日」が重なったのは5年前、次は6年後となります。今年はまさに奇跡のタイミングなので、いま親子で観たい野球映画を特集いたします!

野球映画の金字塔!!『フィールド・オブ・ドリームス』
フィールド・オブ・ドリームス [DVD]
言わずと知れた野球映画の記念碑的作品。物語の終盤、主人公がお父さんとキャッチボールをするシーン。「言葉のキャッチボール」とはよくいったもので、結局父親と息子なんていう生き物は、言葉を交わすよりもただただキャッチボールをしていた方がお互いの想いが通じるのではないかと思えてきます。更にベースボールの日に相応しく、本作の重要人物であるジョー・ジャクソンを始め出てくる選手はメジャーリーグ黎明期の選手ばかり。長い長い野球の歴史に想いを馳せながら、映画のようにお子さんとキャッチボールをしたくなること間違いなしです!
ディズニーが作った野球映画!『オールド・ルーキー』
オールド・ルーキー 特別版 [DVD]
35歳で初めてメジャーリーグのマウンドに立った男、ジム・モーリスの実話をディズニーが実写化!主人公モーリスと父、モーリスと息子という3世代にわたる父と子の感動の物語を描き出しています。実写ではありますが、「夢をもつことのすばらしさ」というディズニー不変のテーマを抱えているこの作品は、普段はアニメの好きなお子さんにも十分に引き込まれる内容となっています!親子も勿論ですが、是非家族で観ていただきたい一作です!
青春のあの頃へ!80年代一世風靡の野球漫画『タッチ』
タッチ
野球漫画の巨匠、あだち充氏による大人気マンガ『タッチ』の映画化作品です。読者の方の中には、このマンガ、あるいはアニメを観て青春を過ごした方も多いのではないでしょうか?私の両親も、その内の一人です。口数少ない父が、『タッチ』のことはよく語るのです(笑)このように世代を超えた原作を、犬童一心監督の手腕により一層その色を際立たせた素晴らしい作品となっています。舞台は2000年代ながらも、どこかノスタルジーを感じながらご鑑賞ください!
戦争と野球―学徒出陣の中最後の早慶戦!『ラストゲーム 最後の早慶戦』
ラストゲーム 最後の早慶戦
最後は親子で戦争を考えながら観たい映画をご紹介します。学徒出陣の中、早稲田大学戸塚球場で行われた出陣学徒壮行早慶戦。本作では、野球を愛する主人公と愛国心を唱える父親は対立しています。戦争というものがなかったら、この二人はどうなっていたのでしょうか?今ここにある平和のために、その命を散らせていった野球人達。事実を基にしたこの作品を通して、「戦争」というものを問い直しては如何でしょうか?

おわりに

以上、4作品を紹介いたしました。冒頭でお伝えしたメジャーリーグの初公式試合が何年のことか、皆さん覚えてらっしゃいますか?2016年の今年は、野球誕生170周年の年といえるでしょう。『フィールド・オブ・ドリームス』でも、野球は変わらないものと言われていましたね。どれだけ技術やルールが変化しても、野球の醍醐味、ワクワク感は変わらないのかもしれません。それと同じように、父と子の関係というのも、あるいは本質的に変わりないのかもしれません。皆さん、ぜひとも「父の日」は映画と共にお過ごしください。

Writer | 青山シアターマガジン編集部

東京都港区青山から、GAGA★スタッフが、映画にまつわるあらゆる情報をお届けします!

Banner

このポストに関連するタグ

関連するポスト

Copyright (C) GAGA Corporation. All Rights Reserved.
GAGA