ホーム > あふれる涙と切ない想いをかみしめたい…。ホロ苦なラブ・ドラマが好き!

あふれる涙と切ない想いをかみしめたい…。ホロ苦なラブ・ドラマが好き!

2017.07.21(Fri) | 足立美由紀

愛しているのに2人の運命はすれ違ったまま…。さまざまな困難に翻弄される恋人たちの悲恋は、いつでも甘くてやるせないもの。そんなチクリと痛くて胸がキュンとなるラブ・ドラマにどっぷりハマって、めくるめく時間を過ごしたい時もありますよね。さあ、かみしめましょう。あふれる涙と切ない想いを存分に!!

恋人未満、友達以上の甘酸っぱい恋…『君の膵臓をたべたい』
君の膵臓をたべたい
2016年度本屋大賞第二位に輝いた住野よるのベストセラー小説を映画化した青春ドラマ。死期が迫るヒロイン・山内桜良を浜辺美波、人と交流を持たず本ばかり読んでいる地味なクラスメイト【僕】を北村匠海ら若手注目俳優2人が演じ、小栗旬が映画オリジナルキャラクターとなる12年後の【僕】に扮して物語をスケールアップさせています。

母校で高校教師をする【僕】は、机の中に「辞職願い」を忍ばせ、モヤモヤを抱えながら日々教鞭をとっています。そんな折、在学中に図書委員だった実績を買われ、図書館の老朽化工事に伴う蔵書移転担当に。生徒と共に図書館で書籍整理を進めるうち、儚く散ったクラスメイトの桜良と過ごした切なくも懐かしい12年前の思い出があふれてきて…。

偶然拾った「共病文庫(=闘病日記)」を読んで、クラスの人気者だった桜良がすい臓を患い余命わずかなことを知ってしまう僕。期せずして誰にも言えない秘密を共有することになった彼は、桜良の“死ぬまでにしたい事”を実現するため様々な経験に突き合わされることに。2人の間に存在する「恋人ではないけれど、友達以上」という曖昧な関係。そんな言葉にならない学生時代特有の“揺らぎ”を若手俳優2人が見事に体現。「死」という抱えきれない現実を前に、束の間の幸せにワクワクドキドキする物悲しくも初々しい2人の佇まいには胸キュン必至!

一見ホラーなタイトルに込められた想いに触れた時、あなたはきっと温かい涙を流すハズ。

◆『君の膵臓をたべたい』
2017年7月28日(金)全国東宝系にて公開
(C)2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会
(C)住野よる/双葉社
失ってから知った、こんなにも激しくて優しい愛『ある天文学者の恋文』
ある天文学者の恋文
『ニュー・シネマ・パラダイス』のジュゼッペ・トルナトーレ監督が放つ珠玉のラブ・ミステリー。ある天文学者が恋人に遺した“謎”に込められた、永遠なる想いとは? 近年ではヘイトフル・エイトでアカデミー賞・作曲賞を受賞した映画音楽界の巨匠エンニオ・モリコーネが手掛けた楽曲が、天文学者に愛された一人の女性の切ない心象風景に寄り添います。

高名な天文学者エド(ジェレミー・アイアンズ)の教え子であり、秘密の恋人エイミー(オルガ・キュリレンコ)は、彼の突然の訃報を知り驚愕します。そんな茫然自失の彼女の元に、死んだはずのエドから手紙やプレゼントが。送られてきたビデオ動画の中で生前同様に微笑み、愛をかたるエドの姿にしばし悲しみを癒すエイミー。しかしエドのある言葉をきっかけに、エイミーはエドからの音信を拒絶してしまい…。

『鑑定士と顔のない依頼人』でも、壮年期に入った男性の恋心をスリリングに描き出したトルナトーレ監督。同じ壮年期の恋愛でも、前作を意図的に古典的なスリラーとして展開させたのに対し、本作は徹底して女性目線で描写。予測のできない出来事に直面したエイミーの驚きやとまどいに観客を一体化させることで、結果的にミステリーの趣をまとうことになったと監督は語っています。

節度をわきまえた大人の男性だったエドが、年齢差や倫理観を顧みずに貫いたエイミーへの激しい愛。何億年も前の光を映す星の瞬きを見つめる天文学者だった彼だからこその深い愛の示し方は、なんてホロ苦くてロマンティック!
愛する人のためにボクが遺した最高の“贈り物”『ボクの妻と結婚してください。』
ボクの妻と結婚してください。
末期のすい臓ガンにおかされた男性が最愛の妻の再婚相手を探すラブ・ドラマ。余命6ヶ月の放送作家を4年ぶりの映画出演となった織田裕二が演じ、その妻に吉田洋が扮しています。

バラエティ番組で手腕を振るう放送作家・三村修治(織田)。しかし余命が残り少ないことを知った彼は、自分の亡き後でも妻・彩子(吉田)が笑顔でいられるような贈り物をすることを決意します。その贈り物とはなんと“最高の再婚相手”!

ああっ何たる勘違い、何という余計なお世話。それまで仕事で培ったノウハウをフル稼働させて、“彩子再婚プロジェクト”を着々と進める修治。ようやく見つけたベストな再婚候補・伊東(原田泰造)が結婚に興味がないことを知ると、夫婦生活の素晴らしさをゴリ押しでレクチャーします。その奮闘ぶりは笑いを誘いますが、反面、結婚について語る彼の言葉にはそのまま彩子への愛があふれていて…。さりげなく差し出された修治の熱い想いに涙腺がゆるむ“泣き笑いムービー”です。
人生最後の恋だから、ただお互いだけを見つめて…。『チャンス商会 初恋を探して』
チャンス商会
『シュリ』『ブラザーフッド』など硬派な作品を多数手がけてきた韓国の名匠カン・ジェギュ監督が描く、熟年カップルの初々しくも不器用な“人生最後の恋”と力強い家族愛の物語。

スーパー“チャンスマート”で働くソンチル(パク・クニョン)は、海兵隊出身の頑固一徹な70歳男性。孤独な一人暮らしに不安を感じていた矢先、向いに引っ越してきた花屋の女主人グンニム(ユン・ヨジョン)と食事に行くことに。一緒にいることで安らぎを感じた2人はその後もデートを重ねますが、花祭りに行く約束をしたグンニムが入院してしまい…。

街の再開発の同意書類に唯一、印鑑を押さないソンチル。街の人々はそんな彼に手を焼きながらも、ソンチルとグンニムを優しく見守ります。人生最後の純粋で大切な恋だから、お互いだけを見つめて名前を呼び合うだけでいい…。人間の心の機微をドラマティックに描き出す韓国映画の良さをふんだんに味わえる、あったかい感動作をどうぞ。
失うくらいなら、いっそ全て忘れたいほど深い愛『エターナル・サンシャイン』
エターナル・サンシャイン
ムード・インディゴ~うたかたの日々~でも一風変わったファンタジーの中に切ない愛を散りばめた鬼才ミシェル・ゴンドリー監督によるロマンチック・ファンタジー。

失恋の痛手から立ち直れないジョエル(ジム・キャリー)は、元恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が“記憶除去手術”を受け、2人のラブヒストリーを全て消去したことを知ります。失った愛の大きさに耐え切れなくなった彼は、自らもその手術をすることに。けれど走馬燈のように浮かんでは消されていく彼女の記憶を反芻するうち、諦めきれないジョエルは手術の中止を叫び…。

身体的には除去装置につながれ動けない中、必死に大切な愛の記憶を守り記憶の底まで潜っていくジョエルとクレメンタイン。まるでタイムトラベラーの逃避行のように記憶から記憶へとホッピングしていく映像が、ジョエルの深い愛を幻想的に描き出します。まるで正反対の性格だった2人に、別離の後どんな未来が待ち受けているのか。結末はぜひ、ご自身の目で確かめて。

人と人が出会い、お互い惹かれあって共に時間を共有しあう仲になる~。74億分の1の確率で始まる恋は、ちょっと不思議でとても貴重な人生の奇跡。時には運命のいたずらで悲しい別れが訪れることもあるけれど、偶然出会って愛し合ったことにはきっと必ず意味があるから。今回ご紹介したのは、ホロ苦ながら観終えた後に不思議と力が湧いてくる珠玉の5作品。恋愛中の方もそうでない方も、素敵なホロ苦ラブ・ドラマを観て2017年下半期も元気に過ごしましょう!

Writer | 足立美由紀

フリーライター&エディター。某インターネットプロバイダで映画情報サイトを立ち上げた後、フリーランスへ。現在は各種情報誌&劇場用映画情報誌などの紙媒体、ネット情報サービスほかにて映画レビューや俳優・監督のインタビュー記事を執筆。時には映画パンフレットのお手伝いも!試写室と自宅を往復する毎日です。

Banner

関連するポスト

Copyright (C) GAGA Corporation. All Rights Reserved.
GAGA