ホーム > こんな先生でも、いいですか!? “映画で夏期講習”『ハーフネルソン』ほか5選

こんな先生でも、いいですか!? “映画で夏期講習”『ハーフネルソン』ほか5選

2017.08.23(Wed) | 上原礼子

夏が来れば思い出す風物詩の1つともいえる、夏期講習。この夏、ゆっくり休めた方も、まだこれからという方も、休みなどない…という方も、ライアン・ゴズリングをはじめとする人気俳優たちが個性的な先生を演じる、感動ドラマや奥深いコメディを楽しんでみませんか? 今回は、「こんな先生に教わりたかった!」と思えるような(!?)“映画で夏期講習”をお届けします。

【1時間目】歴史『ハーフネルソン』 教師:ライアン・ゴズリング
ハーフネルソン
ラ・ラ・ランドでダンスと歌、さらにピアノも披露し、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたライアン・ゴズリング。実は、同賞に初ノミネートされたのが、2006年制作のこちらの作品なのです。11年の時をへて(!)ようやく日本に上陸しました。

ゴズリングが演じたのは、ブルックリンの中学校で歴史を教えるダン。歴史を相反関係でとらえ“対立”を軸に論じる、型にはまらない授業は生徒たちからの信望も厚く、いわばカリスマ教師ともいえる存在。女子バスケのコーチもしています。しかし、その実態は…ドラッグ中毒者。ある日の部活終わり、学校のトイレの個室で“一服”しているところを、女子生徒ドレイ(シャリーカ・エップス)に見つかってしまうのです。ドレイの兄はドラッグ絡みで刑務所に。昼夜なく働く母親と2人暮らしで、兄の仲間の売人フランク(アンソニー・マッキー)が何かと世話を焼いています。トイレでの“遭遇”以来、ダンとドレイの間には友情にも似た感情が芽生え始めるのですが…。

ドレイを自分のようにドラッグの闇に溺れさせてはならないと思うダンと、信頼する先生の秘密を知っても、ドラッグを取り巻く環境から抜け出ることはできないドレイ。そんな2人の“対立”は、生徒たちが調べたアッティカ刑務所の暴動やハーヴェイ・ミルクの暗殺などの事件を背景に交錯していきます。

ゴズリングは、エマ・ストーン共演の『ラブ・アゲイン』などで見せた肉体美はどこへやら、ラ・ラ・ランドの夢見るジャズピアニストとも、ドライヴの寡黙な男ともまるで違う、終始、青白い顔をしたダメ人間に。タイトルの“ハーフネルソン”とは、レスリングの技で羽交い締めのことですが、じわじわと身動きが取れなくなっていく男を繊細に演じた姿は、最近彼のファンになった方には特に衝撃的に映るはずです。
【2時間目】英語『コッホ先生と僕らの革命』 教師:ダニエル・ブリュール
コッホ先生と僕らの革命
今でこそ、FIFAワールドカップ4度の優勝を誇るサッカー強豪国として知られるドイツ。本作に登場するのは、第1次大戦前、帝国主義時代のドイツに初めてサッカーを紹介した実在の人物で、“ドイツ・サッカーの父”とも呼ばれるコンラッド・コッホ先生です。演じるのは、グッバイ、レーニン!』『ラッシュ/プライドと友情などのダニエル・ブリュール。

当時のドイツの反英感情は相当なもので、オックスフォードに留学後、ドイツ初の英語教師として規律厳しい名門校にやってきたコッホへの風当たりは強く、生徒たちも強い偏見を持っていました。そこでコッホは授業にサッカーを取り入れ、サッカー用語を通じて英語を学ばせるように。やがて、生徒たちはサッカーに魅了されていくのですが、ここにもドイツと英国のみならず、教師と生徒、親と子、規律と自由、服従と反抗、ブルジョア(資本家)とプロレタリア(労働者)といった“対立”が生じてきます。

とはいえ、そんなものをすべて取りはらい、フィールド上にある1つのボールを追うことだけに夢中になれるがサッカー。コッホは敵味方なく敬意を払う “フェアプレイ”の精神や、仲間を思いやる“チームプレイ”の大切さなども、サッカーを通じて教えていきます。ゴールを決めた子どもたちの歓声がさわやかな感動を呼ぶヒューマンドラマは、英語というより、むしろ体育でしょうか。
【3時間目】音楽『スクール・オブ・ロック』 教師:ジャック・ブラック
スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
“実践型”授業といえば、本来教師ではありませんが、この人をおいては語れません。ロックを愛する熱い男が、子どもたちも、そして親たちも目覚めさせる痛快コメディ。『6才のボクが、大人になるまで。』エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中にのリチャード・リンクレイターが監督を務め、主人公を演じたジャック・ブラックの代表作として知られています。

バンドを首になったデューイは生活費を稼ぐため、名門小学校の代用教員になりすますことに。ある日、幼いころから音楽面でも英才教育を受けてきた子どもたちの才能に気づいた彼は、“課題”や“研究”と称して子どもたちにロックを教え込み、バンドを結成! 念願だったバンド・バトルへの出場を目指します。

実際にバンド活動も行っているジャックをはじめ、子どもたちも実際に演奏でき、歌える“ミュージシャン”ばかり。劇中にはレッド・ツェッペリン、ザ・フー、クリーム、ザ・クラッシュ、AC/DCほか、名だたるロックバンドの名曲が多数登場。ジャック演じるデューイは破天荒で、自己中ながら、ユーモアにあふれ、観ているだけで楽しくなる一方、ロックは体制への反抗から誕生したという視点を子どもたちに与えます。何より、子どもたちの得意分野や性格を見抜き、その個性を適材適所で光らせたことがすばらしいのです。
【4時間目】数学『僕と世界の方程式』 教師:エディ・マーサン&レイフ・スポール
僕と世界の方程式
自閉症スペクトラムの少年が数学の才能で自らの道を拓いていく姿を描いた、実話から生まれたハートウォーミング・ストーリー。数学の天才少年を熱演するのはエイサ・バターフィールド。彼を支えた母親役にサリー・ホーキンス、そして彼を導いた数学教師に『ライフ・オブ・パイ』のレイフ・スポール、そしておみおくりの作法』『思秋期のエディ・マーサンと英国の名優が勢ぞろいします。

自閉症スペクトラムのネイサンは、大好きな父親を亡くして以来、さらに心を閉ざしがちに。そこで母ジュリーはALS(多発性硬化症)のために自身のキャリアをあきらめた数学教師マーティン(レイフ・スポール)に個人指導を依頼、ネイサンはめきめきとその才能を伸ばし、国際数学オリンピックの代表チームの一員に選ばれるまでになります。そして代表チームの台北合宿に参加したネイサンは、ライバルの中国チームの少女チャン・メイと出会い、初めて人生の扉を開けることに。彼の数式を「美しい」と評してくれるリチャード先生(エディ・マーサン)や仲間たちにも認められたネイサンですが、数学オリンピック当日、人生最大の選択を迫られ……。

一見、分かりづらく複雑に見える方程式が、実はとてもシンプルにできているように、数学を入口にした素敵な青春映画であり、居場所の物語。「かわいい子には旅をさせよ」とはまさにこのこと、と思わされます。
【5時間目】保健体育『SEXエド チェリー先生の白熱性教育』 教師:ハーレイ・ジョエル・オスメント
SEXエド
「カリコレ2015」にて上映された、機知に富んだ笑撃の学園ラブ・コメディ。本来は数学担当のはずが、ひょんなことから“性教育”を教えるはめになる主人公の教師エドを演じるのは、『シックス・センス』などの元・天才子役にして、近年は『Mr.タスク』『コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団』とケヴィン・スミス監督作に出演しているハーレイ・ジョエル・オスメントです。

教師を目指しながらも、ベーグル屋で深夜バイトをしているエド。あるとき、元教え子のカップルにからかわれた彼は一念発起、教員採用担当者に直談判し、奇跡的に中学校での臨時職をゲットします。ところが、あるきっかけから性教育の必要性を実感したエドは、自分が童貞であることは隅に置き、ネットやSNSからのあふれる情報で経験豊富(?)な生徒たちを前に、“現実に即した”授業を行うことに。また、生徒の姉にひと目ぼれし、エド自身にもついに春が訪れるかと思いきや……。

日本ではイラストでごまかしてしまうようなことも、あちらの性教育は図解もリアルで学術的。特に性感染症の授業では、“実情”を知り驚愕する子どもたちの姿が印象的です。ふざけたお下品系コメディかと思いきや、親として考えさせられるとても大事なテーマが息づいており、童貞先生のハーレイくんもハマリ役!

教師とはいえ1人の人間ですもの、人生に悲喜こもごもを抱えています。それでも、愛すべき彼らの愛ある教えや子どもたちとの心の交流には、ハッとされることばかり。親子の関係にもいえることですが、“育てながら、育てられていく”ことを痛感します。こんな先生たちでも、やっぱり大好きでしょ?

Writer | 上原礼子

情報誌・女性誌等の編集・ライターをへて、現在はWEBを中心にフリーに。子ども、ネコ、英国俳優などが弱点。看護師専門誌で映画&DVDコーナーを14年担当し、医療や死生観などにも関心アリ。試写(映画館)忘備録と、映画を通じて悲嘆を癒やす試み【映画でグリーフワーク】をFacebookにて随時更新中。

Banner

関連するポスト

Copyright (C) GAGA Corporation. All Rights Reserved.
GAGA