ホーム > “車×プロフェッショナル”映画にハズレなし!派手なドライビングとカーチェイスでアドレナリン出まくりの映画5作

“車×プロフェッショナル”映画にハズレなし!派手なドライビングとカーチェイスでアドレナリン出まくりの映画5作

2017.09.15(Fri) | 松村知恵美

派手な車が猛スピードと華麗なドライビング・テクニックで街を疾走するカーアクションシーンを、安全なところにゆったり座って鑑賞するのは、映画ならではの楽しみの一つでもあります。しかもそれが官能的なまでに美しいクラシック・カーや、デザイナーやドライバーのこだわりのつまった名車であるなら、なおさらのこと。そのカーアクションの魅力を知り尽くした映画製作者たちは、麗しの名車が派手にカーチェイスを繰り広げるエンターテインメント映画を作り出してきました。そういった映画には、主人公が泥棒、もしくは犯罪に加担するプロフェッショナル人材であることが多い、という特徴があります。名車に魅入られたが故に窃盗や犯罪にも手を染めてしまった、そんな魅力的な主人公が多いのです。ここでは、そんな“車×プロフェッショナル”が登場するエンターテインメントな映画をご紹介します。

スコット・イーストウッドが高級クラシックカーで爆走!『スクランブル』
スクランブル
9月22日から全国公開される映画『スクランブル』。この映画の主人公は、車泥棒を生業とする人物。父親からそのテクニックを仕込まれた異母兄弟二人からなるフォスター兄弟窃盗団が、華麗に高級クラシックカーを狙います。今回彼らが狙うのは、1937年型ブガッティ、1962年型フェラーリ250GTなど官能的なまでに美しいクラシックカーの数々。厳重に警備されたこの美しい車たちを、いかに盗み出してみせるのか? フォスター兄弟と美女たちが見せる二重三重に張り巡らされたトリックの数々にも目を奪われます。もちろんカーアクションも素晴らしい! 南仏・マルセイユの渓谷を走り抜けるクラシックカーのカーチェイスは必見の迫力です。ちなみに、本作の主人公であるアンドリュー・フォスターを演じるのはスコット・イーストウッド。父親であるクリント・イーストウッドの面影を感じさせる彼の演技にも注目です。

『スクランブル』9.22(金)公開
(C)2016 OVERDRIVE PRODUCTIONS - KINOLOGY - TF1 FILMS PRODUCTION - NEXUS FACTORY
もうなんでもあり!名車、戦車、潜水艦が駆け抜ける『ワイルド・スピード ICE BREAK』
ワイルド・スピード ICE BREAK ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
世界的に最も人気を博す“車×泥棒”シリーズに成長した「ワイルド・スピード」シリーズ。ストリートレースと犯罪で荒稼ぎしていた車好きな不良仲間たちですが、今となってはアメリカの連邦組織から仕事を受けたり、世界を救ったりもしてしまう偉大なファミリーとなっています。最新作の『ワイルド・スピード ICE BREAK』ではドミニク・トレット率いるファミリーが、かつての敵とも手を組んでサイバーテロリストに立ち向かいます。ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムというそれぞれの魅力を持った肉体派ハゲの皆さんがとっても楽しそうに大暴れしている姿も見逃せませんね。冒頭で紹介した『スクランブル』に主演しているスコット・イーストウッドも本作から“リトル・ノーバディ”という新キャラで登場しています。カーアクションで言うと、最初はシボレー・インパラ スポーツクーペ 61年式やシボレー・フリートライン 50年式で派手な走りを見せてくれているわけですが、しまいには戦車や潜水艦まで走らせてしまうのが、このシリーズの魅力と言えるでしょう。
ジェイソン・ステイサムがBMWで荷物を運ぶ『トランスポーター』
トランスポーター
今や世界を代表するセクシーハゲとなり、「ワイルド・スピード」シリーズでも重要なキャラクターを担当しているジェイソン・ステイサム。そんな彼の出世作となった人気カーアクション映画が『トランスポーター』です。ステイサム演じる特殊部隊出身の運び屋、フランク・マーティンは、高級スーツを粋に着こなし、黒いBMWでなんでも運びます。「名前は聞かない」「契約厳守」「依頼品は開けない」という3つのルールを自分に課し、プロフェッショナルに徹していた彼が、依頼品を開けてしまった事から巻き起こる事件を描く本作。リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープが製作している本作、いい意味でバカバカしくもカッコいい作品に仕上がっています。プロのトランスポーターが主人公という事で、もちろんカーアクションも満載。今よりちょっと毛量の多いステイサムが見せる派手なギアチェンジ、正確無比なステアリングに惚れずにはいられません。
エド・スクレインでリブートした新シリーズ『トランスポーター イグニション』
トランスポーター イグニッション
『トランスポーター』、『トランスポーター2』、『トランスポーター3 アンリミテッド』と続いてきたジェイソン・ステイサム主演の「トランスポーター」シリーズ。実は2015年に新しくエド・スクレインをフランク・マーティン役に迎え、リブートしています。「名前は聞かない」「契約厳守」「依頼品は開けない」という三原則に則って約束の品を依頼人の目的地に届ける特殊部隊出身の運び屋という基本設定はそのままに、青い瞳が印象的なエド・スクレインの初々しいイメージに合わせて、軽くマイナーチェンジしています。今作のフランクの愛車はアウディS8。風光明媚な南仏・コートダジュールの街を猛スピードで駆け抜けていきます。この作品の最も大きな特徴は、エド・スクレイン演じるフランク・ジュニア、レイ・スティーヴンソン演じるフランク・シニアという親子のバディムービーとなっていること。すぐに悪党に捕まっちゃうドジっ子な元スパイ、フランク・シニアに呆れつつも振り回されるフランク・ジュニアがなんとも可愛いのです。トランスポーターと言えばジェイソン・ステイサムしか観たことがないという方、ぜひこのエド・スクレイン版トランスポーターもご覧になってみてください。
ライアン・ゴズリングが二つの顔を持つ無口な天才ドライバーを演じる『ドライヴ』
ドライヴ
最後にご紹介するのは、ライアン・ゴズリング主演、ニコラス・ウィンディング・レフン監督の映画『ドライヴ』。この作品でライアン・ゴズリングが演じるのは、天才的なドライビング・テクニックを持ち、ハリウッドのカースタントマンや整備工場のメカニックという表の仕事をしながら、犯罪者たちを逃がす"逃がし屋"という裏の顔も持つ“ドライバー”という男。ムダなことは一切しゃべらず、感情を表に出すこともなく、愛車の1973年式のシボレーを駆っては犯罪者たちを逃していきます。ロサンゼルスの裏道を知り尽くし、建物や交通状況などを計算に入れた上で完璧に仕事をこなすドライバーの寡黙な姿は、まさにプロフェッショナル。裏の世界で生き抜く男の哀愁たっぷりです。そんなプロフェッショナルな彼ですが、キャリー・マリガン演じるアイリーンという人妻に恋をしてしまい、完璧だった裏の仕事に支障をきたしてしまいます。そして、アイリーンを助けるために、ドライバーは自ら黙って死地に赴くのです…。カースタントマンと逃し屋、二つの顔でさまざまなドライビングテクニックを見せるドライバーの走りっぷり、ぜひその目でご確認ください。

今回ご紹介した主人公たちは、みな素晴らしいドライビングテクニックを持ち、公道にも関わらず愛車を猛スピードでかっ飛ばす、ある意味命知らずな男たち。これらの映画を観た後は、ついついテンションが上がってしまい、自分にも同じようなテクニックがあると勘違いしてしまい、スピードを出してしまいがちです。ご覧になった後は、必要以上に安全運転に気をつけていただきたいと思います。

Writer | 松村知恵美

家と映画館(試写室)と取材先と酒場を往復する毎日を送る映画ライター、WEBディレクター。2001年から約8年、映画情報サイトの編集者をやってました。2009年に独立し、フリーランスに。ライターとしての仕事の他、Webディレクションなど、もろもろお仕事させていただいています。

Banner

関連するポスト

Copyright (C) GAGA Corporation. All Rights Reserved.
GAGA