ホーム > 最高にクールな斬新映像の映画4選

最高にクールな斬新映像の映画4選

2017.10.04(Wed) | 清水久美子

ビックリするような見たこともない手法で撮られた映画や、そこにいるような感覚を味わえる作品でサプライズを楽しむのも映画鑑賞の醍醐味です。今回は斬新すぎる映像の映画4本を紹介します。

主人公は自分!『ハードコア』
ハードコア
全編、主人公の視点で撮影された、臨場感あふれる体感型ムービー。“FPS(ファースト・パーソン・シューター<一人称視点>)”と呼ばれる映像がスリル満点!

死後に身体をサイボーグ化され、目を覚ましたヘンリー。ところが、彼の妻であり一流の研究者であるエステル(ヘイリー・ベネット)が、奇妙な能力を操るエイカン(ダニーラ・コズロフスキー)に誘拐されてしまいます。ヘンリーは変幻自在のジミー(シャールト・コプリー)に案内され、新しい身体を狙うエイカン率いる傭兵たちを倒し、エステルを取り戻そうとしますが…。

本作の製作・脚本・監督のイリヤ・ナイシュラーは、ロシアのパンクロックバンド「バイティング・エルボーズ」のフロントマンを務めており、世界中で1.2億回以上再生された彼らの革新的なミュージックビデオ「Bad Motherfucker」のアイデアを基に長編映画を作りました。観客自身がヘンリーとなって、激しいアクションに身を投じたり、奇妙な冒険を繰り広げたりする感覚を味わえます。
ライブとドラマが合体!『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』
メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー
音楽ファンとアクション映画ファンのどちらも夢中にさせるような革新的映画体験ができるライブ・アクション・エンターテインメント。

トリップ(デイン・デハーン)は、世界的ヘビーメタルバンド「メタリカ」のローディー(コンサート設営スタッフ)として舞台裏で働いていましたが、急を要するある任務を申し付けられ…。

毎回チケットが完売するほどの人気を誇るメタリカ。アリーナが多くの観客で埋め尽くされ、ヘッドバンキングするファンの熱狂が伝わってくる彼らのライブの模様と、その裏で展開される、トリップが巻き込まれるアクション満載のドラマが同時進行で描かれるという斬新な映像が魅力です。『アメイジング・スパイダーマン2』などで知られるデハーンのクールな表情と、メタリカのド迫力の演奏の対比もたまりません。
平凡な高校生が使う超能力描写が斬新!『クロニクル』
クロニクル [DVD]
『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』にも出演しているデイン・デハーンが、地味な高校生が不思議な力を手にしたことで狂気を帯びていく変化を熱演している、斬新なストーリーと映像が注目された異色作。

高校生のアンドリュー(デハーン)は、家でも学校でも居心地の悪さを感じる毎日を送っていましたが、いとこのマット(アレックス・ラッセル)と、彼の友達のスティーブ(マイケル・B・ジョーダン)に誘われ、近くの洞窟へ探検しにいったところ、3人とも特殊な能力を手に入れたことに気付きます。それを他愛もないイタズラに使って遊んでいた3人でしたが、ドライブ中に後ろから煽ってきた車に苛立ったアンドリューが能力で事故に遭わせてしまい…。

新人監督だったジョシュ・トランクによる低予算映画ですが、予測できない衝撃的なSFアクション映像と、特殊能力を持て余すティーンエイジャーの青春ドラマの融合が話題を呼び、全米ナンバーワンヒットに。YouTubeにアップする動画を組み合わせたかのように構成されているのが斬新で引き込まれます。
PC画面のみで見せる!『ブラック・ハッカー』
ブラック・ハッカー [DVD]
全編、パソコン画面の映像だけで見せるという斬新すぎる犯罪スリラー映画。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのイライジャ・ウッドが、事件に巻き込まれるオタク青年を好演しています。

人気女優ジル(サーシャ・グレイ)のファンサイトを運営するニック(ウッド)は、彼女の出演作PRのブログコンテストに入賞し、ジルとディナーできる権利を獲得。ところが、ディナーは中止になったと連絡が入り、その後ジルは誘拐されてしまいます。ニックは“謎の男”に悪質な要求をされながらも、ジルを救出しようと奮闘しますが…。

パソコンのウェブカメラに映った映像、ジルを盗撮する映像、犯人がニックに見せている映像などが分割画面でスクリーンに映し出され、その時に起きていることを同時進行で描いた映画になっています。これまで見たこともない手法には驚くばかりです。

今回紹介したのは、それぞれ違った“初体験”をさせてくれる魅力的な4本。じっくりと物語に浸るのもいいですが、「今日はちょっと刺激がほしいな」という時にお薦めしたい映画なので、ぜひ楽しんで見てくださいね!

Writer | 清水久美子

映画・海外ドラマ・音楽ライター。昼はメーカーでOL、夜は音楽雑誌の編集アシスタントをこなした後、パソコン雑誌で編集業務に就く。その後フリーライターとなり、俳優や監督・ミュージシャンのインタビュー、執筆に日々奔走。試写室通いで時には1日4本の映画を観ることも。移動中もスマホは目が疲れるので、いつもポータブルDVDプレイヤー持参で何かしら観ています。

Banner

関連するポスト

Copyright (C) GAGA Corporation. All Rights Reserved.
GAGA