ホーム > 将棋・囲碁・チェス。盤上で繰り広げられる男たちの熱い戦い映画

将棋・囲碁・チェス。盤上で繰り広げられる男たちの熱い戦い映画

2017.11.29(Wed) | 清水久美子

近年、中学生棋士の藤井聡太四段の目覚ましい活躍や、引退されましたが「ひふみん」こと将棋界のレジェンド・加藤一二三九段の人気ぶりなど、将棋に熱い視線が向けられています。映画も『3月のライオン前篇/後篇』や『聖の青春』など将棋を描いた作品が公開され、これまで将棋に興味がなかった人たちからも注目を集めました。今回は「盤上で繰り広げられる男たちの熱い戦い」と題して、将棋のほか囲碁やチェスをテーマにした映画4作を紹介します。

孤独な棋士が大切な人のために奮闘する『3月のライオン 前編/後編』
3月のライオン_前編
第4回マンガ大賞2011など数々の賞に輝く、大人気ベストセラーコミックの映画化。主人公の桐山零を『桐島、部活やめるってよ』の神木隆之介が熱演しています。

17歳の将棋のプロ棋士・桐山零は若き天才ともてはやされていますが、彼は深い孤独を抱えていました。幼い頃に交通事故で家族を失い、父の友人である棋士の幸田(豊川悦司)に引き取られたのですが、その家を出ざるを得ない状況に追い込まれ、家族も居場所もなく、将棋に打ち込むしかなかったのです。そんな折、零は近くに住む3姉妹と出会って心を通わせ、彼女たちを守るために強くなろうと決意するのですが…。

零だけではなく、それぞれ葛藤を抱えた棋士たちが、盤上で壮絶な戦いを繰り広げる本作。将棋とは精神的にも肉体的にも非常にハードなものだと痛感し、見ていて思わず体に力が入ります。本作には総勢15名のプロ棋士が出演しており、椿山荘や将棋会館など、実際の対局が行われる将棋の聖地が登場するのも見どころです。神木君の熱演ぶりと熱い将棋を堪能できる『3月のライオン 前編/後編』をぜひ一気にお楽しみください。

◆『3月のライオン 前編
◆『3月のライオン 後編
命を懸けて将棋に臨んだプロ棋士『聖の青春』
聖の青春
将棋界で100年に一人と言われる天才棋士・羽生善治と並び「東の羽生、西の村山」と称されながら、29歳の若さでこの世を去った伝説の棋士・村山聖(さとし)の生涯を綴った伝記映画。「ネフローゼ症候群」という腎臓の難病を患っていた村山を演じるために、主演の松山ケンイチが肉体改造をして挑んでいます。

1994年、聖は将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指していましたが、同世代の棋士・羽生(東出昌大)が前人未到のタイトル七冠を達成。そんな羽生を意識し、ライバルでありながら彼に憧れの思いも抱く聖は、病を押して一層将棋に没頭します。並居る上位の先輩棋士たちを倒し、勝ち続ける聖でしたが、ネフローゼに加えて癌も患い、ついにドクターストップがかかります…。

聖になり切った松山の演技に引き込まれます。一方、ライバルの羽生に扮する東出も徹底した役作りで撮影に挑み、二人の対局シーンは本物にしか見えず、息をのみます。まさに命を懸けた将棋を描いた本作は、臨場感あふれる映画に仕上がっています。
囲碁とアクションが一体化『神の一手』
神の一手 [Blu-ray]
韓国の“賭け囲碁”の世界を、『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン主演で描いたアクション映画。本作は“熱い戦い”ということばが生ぬるく感じるくらいの激しさがほとばしった一作です。

囲碁のプロ棋士テソク(チョン・ウソン)は兄に頼まれ、一度だけ危険な賭け囲碁に協力します。ところが、囲碁賭博の元締めであるサルス(イ・ボムス)の一団に兄を殺され、テソクは兄殺しの濡れ衣を着せられ投獄されてしまいます。独房の壁に碁盤を描き、隣の囚人と壁越しに囲碁対局をしながら、肉体も鍛え上げていくテソク。出所後、テソクはサルスに復讐を挑むのですが…。

激しい命がけの戦いを繰り広げる主人公。上半身裸での囲碁のシーンは筋肉好きにはたまらないでしょう。囲碁をテーマにしたアクション・エンターテインメント作品なので、スリルを味わいながら、燃える男たちの囲碁の世界を堪能できます。
盤上の“第三次世界大戦”『完全なるチェックメイト』
完全なるチェックメイト
実在のアメリカの天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーを『スパイダーマン』のトビー・マグワイアが演じた伝記映画。米ソ冷戦時代の1972年、盤上で勃発した“第三次世界大戦”の行方を描きます。

チェスの世界王者決定戦で、タイトルを34年間保持してきたソ連に、アメリカの若きチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーが挑むことに。彼はIQ187を誇る天才で、15歳にして最年少グランドマスターとなった強者でしたが、傲慢な自信家で、行動は制御不能。最強の王者であるソ連のボリス・スパスキー(リーヴ・シュレイバー)との対局で、フィッシャーは常軌を逸した戦略を打ち立てるのですが…。

歴史を揺るがす世紀の一戦で、世界が震え上がるような“神の一手”で勝負に挑んだフィッシャー。天才だからこそ成し得る究極の頭脳戦にシビれ、やったことがなくてもチェスを始めたい衝動に駆られる一作です。

1対1の盤上の戦いは、見ていて本当にスリリング。高度な頭脳を駆使し、強い精神力をもって対局に臨む熱き男たちの映画をぜひご堪能ください!

Writer | 清水久美子

映画・海外ドラマ・音楽ライター。昼はメーカーでOL、夜は音楽雑誌の編集アシスタントをこなした後、パソコン雑誌で編集業務に就く。その後フリーライターとなり、俳優や監督・ミュージシャンのインタビュー、執筆に日々奔走。試写室通いで時には1日4本の映画を観ることも。移動中もスマホは目が疲れるので、いつもポータブルDVDプレイヤー持参で何かしら観ています。

Banner

関連するポスト

Copyright (C) GAGA Corporation. All Rights Reserved.
GAGA