ホーム > オカルト、家モノ、クリーチャーに恐竜も? “未体験ゾーン”の個性豊かなホラー映画

オカルト、家モノ、クリーチャーに恐竜も? “未体験ゾーン”の個性豊かなホラー映画

2018.03.16(Fri) | レイナス

現在開催中の特集上映『未体験ゾーンの映画たち2018』、毎年ニッチなジャンルムービーがたくさん公開されますが、バリエーション豊かなホラー映画が公開されるのも嬉しいところです。今回は上映作品の中から個性あふれるホラー映画4作をご紹介いたします。

未体験ゾーンの映画たち2018】開催中!
★ヒューマントラストシネマ渋谷
★シネ・リーブル梅田
★青山シアター(オンライン)

そうきたか! 犯罪スリラー×悪霊ホラー『ザ・ボルト』
ザ・ボルト
若い強盗グループが押し入った信託銀行。しかし肝心の金庫にお金はほとんど入っていない。「地下金庫になら金がある」と案内される強盗たちだったが、その銀行の地下には恐ろしい秘密があった……!という異色のホラー。

その銀行はよほど強盗が狙いやすい条件が揃っていたのでしょう。なんとその地下では、かつて入った強盗によって行員たちが大量虐殺され、「この恨み、晴らさでおくべきか」とばかりに怨霊がウヨウヨしていたのでございます。物語が進むにつれ、緊迫感溢れるクライム・スリラーからオカルト・ホラーへとジャンルスイッチするのがユニーク。ゾッとする後味も魅力です。

衝突の絶えない勝ち気な強盗姉妹を演じるのは、クリント・イーストウッドの娘でもある女優フランチェスカ・イーストウッド、ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のタリン・マニング。人質として捕らわれながらも必死に助かる策を講じる銀行職員をジェームズ・フランコが演じています。

◆オンライン上映:2018/3/14(水)~3/27(火)
ホラー映画おなじみの“アレ”盛りだくさん 『悪霊館 ダークネス・ライジング』
悪霊館
家の中に不穏な“何か”がいる定番人気の“家モノ”ホラー。主人公マディソンは、トラウマとして刻み込まれている母の記憶と対峙するために、かつて住んでいた取り壊し寸前のお屋敷へ、婚約者と従姉妹とともに乗り込みます……という状況説明をすっ飛ばし、映画本編では彼らが何者か分からないまま不穏なお屋敷に突入。いいんです、説明なんてあとあと!

お屋敷には彼ら以外の“何か”の気配がビンビン。屋敷内を探索するうちに徐々に彼らの真の目的が、そして彼らも知り得なかったマディソンの母親にまつわる真実が明らかになっていきます。

観てのお楽しみということで具体的には書きませんが、ホラー映画に登場する様々な“脅かしキャラ”&“脅かしアイテム”が盛りだくさん。作り手の「好きなものたくさん詰め込みました!」の精神がにじみ出ていて思わずニンマリ。深いストーリーを求めると拍子抜けしてしまうかもしれませんので、アトラクション的に楽しむのが吉です!

◆オンライン上映:2018/3/17(土)~3/30(金)
触手クリーチャーに魅せられる神秘的ホラー 『触手』
触手
ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞した、メキシコの映画監督アマト・エスカランテの最新作。触手うごめくクリーチャーの“官能の魔力”にとりつかれた人間たちの顛末を描く、奇妙で神秘的な物語です。

夫の暴力と手のかかる育児で憔悴しきっている主婦アレハンドラ、同性愛者を侮蔑しながらアレハンドラの弟ファビアンと肉体関係を持っている夫、そして心優しい性格ながら姉の夫相手に不倫をやめられないファビアン。彼らのヒリヒリとした関係は、森の奥の屋敷に棲む奇妙な触手の生物と出会ったことにより、大きく揺らいでいきます。

人間同士の複雑な感情が入り交じる空虚な肉体関係とは反対に、触手とのそれは原始的で純粋な快楽として描かれ、不気味ながらもどこか魅惑的ですらあります。『ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー』のVFXスタッフが手掛けた、出し惜しみなく描かれるクリーチャーの映像も大きな見どころですよ。

◆オンライン上映:2018/3/17(土)~3/30(金)
タイトル通りのC級ホラー最新作! 『ゾンビ・レックス ~殺人ゾンビ恐竜 誕生~』
ゾンビ・レックス
タイトルだけで観る人・観ない人がハッキリと分かれることでしょう。ハチがゾンビになるC級映画『ZOMBEE ゾンビー 最凶ゾンビ蜂 襲来』を世に送り出してしまったミルコ・デイヴィス監督の待望(?)の最新作です。

死んだ生物の蘇生実験にご執心のマッド・サイエンティストが作り出した殺人兵器・ゾンビ恐竜。なんと、その恐竜に噛まれた人間はゾンビになってしまいます!想像通りですね!……そもそも人間が恐竜に噛まれたら原型をとどめてないと思うんですが、このゾンビ恐竜はなんとも器用な噛み加減でゾンビ感染者を増やしていくんですね。

おそらく製作者の意図通りでしょう、話の本筋には一切緊迫感がありませんが、映画やゲームなどを元にした小ネタがあちこちに散りばめられているので、チープなCGやストーリーにガハハと笑いつつ、小ネタ探しを楽しんで!

◆オンライン上映:2018/3/15 (木)~3/28(水)

気になる映画は見つかりましたか? 一口にホラーと言ってもそのバリエーションは様々。あなた好みのユニークなホラー映画を見つけてくださいね。

Writer | レイナス

WEBデザイナー兼フリーライター、『ホラー通信』ライター。おもに洋画ホラー・スリラー系映画の記事を書いています。

Banner

関連するポスト

Copyright (C) GAGA Corporation. All Rights Reserved.
GAGA