ホーム > 新作アクション映画公開! 65歳、まだまだリーアム・ニーソン

新作アクション映画公開! 65歳、まだまだリーアム・ニーソン

2018.03.23(Fri) | 清水久美子

3月30日に新作主演アクション映画『トレイン・ミッション』が公開されるリーアム・ニーソン。『シンドラーのリスト』で世界的に有名な俳優になったリーアムですが、『96時間』辺りからアクションスターとしても観客を魅了し続けています。現在65歳の彼は、そろそろアクション映画はやめにすると宣言していて、『トレイン・ミッション』が最後になるかも!? そんなリーアムですが、新作でもキレキレのアクションが最高にカッコいいです。今回は、リーアム主演のアクション映画を5本紹介します。

スリリングな頭脳戦と肉弾戦『トレイン・ミッション』
トレインミッション
フライト・ゲーム』『アンノウン』など、これまで度々リーアム・ニーソンと組んできたジャウマ・コレット=セラ監督による最新アクション映画。通勤電車の中で起きる事件を描いたスリリングなサスペンス作品です。

ニューヨーク市警を辞め、保険会社で営業マンとして働くマイケル(ニーソン)は、定年まであと5年という時にリストラされてしまいます。住宅ローンと一人息子の学費の支払いがあり、頭を抱える彼は、電車の中で出会ったジョアンナ(ヴェラ・ファーミガ)という女性から「ある盗品の入ったカバンを持っている人物を見つけたら10万ドルの報酬を与える」という提案を受けます。妻と息子を殺すと脅されたマイケルは、やむを得ず“捜査”を始めるのですが…。

元警官の主人公が、大勢の乗客がいる通勤電車の中でたった一人を見つけるために知恵を絞り、次々と襲いかかる危険に立ち向かいます。ジョアンナの目的は何か? なぜマイケルが選ばれたのか? 頭脳戦と肉弾戦が繰り広げられ、意外な展開に引き込まれていきます。60歳の哀愁漂う営業マンを演じるリーアムの渾身のアクションは必見です。

◆『トレイン・ミッション
3月30日(金)TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー
© STUDIOCANAL S.A.S.
ハードボイルドなサスペンス・アクション『誘拐の掟』
誘拐の掟
リーアム・ニーソンのアクション映画の中でも、派手さのない、渋いハードボイルドな魅力にあふれた犯罪サスペンス映画。元刑事の私立探偵マット・スカダーを主人公にした、ローレンス・ブロックによる小説シリーズの一編が原作です。

裕福なドラッグ・ディーラー、ケニー・クリスト(ダン・スティーヴンス)の妻が何者かに誘拐され、40万ドルの身代金を奪われた上に惨殺されてしまいます。マット・スカダー(ニーソン)はクリストから犯人を突き止めて捕まえてほしいと依頼され、調査をしたところ、猟奇殺人犯による犯行だと判明。やがて、14歳の少女まで拉致されてしまいます…。

刑事時代に酒に溺れ、過ちを犯した過去を抱える主人公を演じるリーアム。ほかのアクション映画とは一線を画す作品で、本作のダークなリーアムがたまりません。心に傷を持つ主人公が、悪人に対する怒りを爆発させる姿に釘付けになります。
飛行中でも冴えわたるアクション『フライト・ゲーム』
フライト・ゲーム
ジャウマ・コレット=セラ監督が仕掛ける、空を舞台にした密室サスペンス・アクション超大作。本作でリーアム・ニーソン扮する主人公に課せられるのは、乗客乗員146人全員が容疑者の中、犯人を見つけて連続殺人を止めること!

航空保安官のビル(ニーソン)は、ニューヨーク発ロンドン行の旅客機に乗り込み、乗客を装って警備していました。そんなビルのもとに「1億5千万ドル送金しなければ20分ごとに1人殺す」というメールが届き、実際に次々と犯行が起きていきます。ビルは乗客を拘束して荷物や携帯を調べますが、手掛かりが見つからない中、ビルが犯人だと報道され…。

飛行中の旅客機の中で、主人公が恐ろしい事態に直面し、解決できなければ被害者がどんどん増えていくという、追い詰められるハラハラ感が物凄いノンストップ・サスペンス。狭い機内でもリーアムのアクションは冴えわたり、どんなに困難な状況でも「リーアムならきっと大丈夫」という安心感を持てるのはさすがです。
元工作員で娘を愛する父親の底力『96時間』
96時間 [DVD]
リーアム・ニーソンがアクション・ヒーローとして世界中で認知された大ヒット映画シリーズの第1弾。『96時間/リベンジ』『96時間/レクイエム』と続編が作られ、TVシリーズ版も登場するほどの人気作となりました。リーアムが、誘拐された娘を救うため、情け容赦ない鬼のような追跡者として奔走する主人公を熱演しています。

米国政府の元工作員ブライアン(ニーソン)は、パリ旅行中の愛娘キム(マギー・グレイス)を何者かに誘拐されてしまいます。96時間というタイムリミットの中、ブライアンは工作員時代の特殊なスキルを駆使して、キムの捜索を開始。パリへと飛び、危険に足を踏み入れていきます…。

元刑事や保安官役でのアクションもなかなかですが、このシリーズでは凄腕の元工作員役なので、リーアムのアクションの中でも最高峰と言えます。最愛の娘を取り戻すためなら、どんな危険もいとわない父親という設定も最高です。
頼りなさげな植物学者のキレキレアクションにギャップ萌え!『アンノウン』
アンノウン [DVD]
ジャウマ・コレット=セラ監督&リーアム・ニーソンという最強タッグによる、予想を裏切る衝撃の展開にハマるアクション・サスペンス。

植物学者のマーティン・ハリス博士(ニーソン)は交通事故に遭い、4日間昏睡状態に。目覚めると、妻は自分を「知らない」と言い、見知らぬ男が「自分がマーティン・ハリスだ」と名乗っていました。マーティンは自らの正気を疑い始めますが、何者かに命を狙われ、これは陰謀だと確信。タクシー運転手ジーナ(ダイアン・クルーガー)の助けを借り、謎の解明に挑みます…。

主人公の正体が分からないまま物語が進行し、誰が善で誰が悪かも分からず、二転三転するストーリーに引き込まれていきます。突っ込みどころは多々あるのですが、記憶障害で苦悩する頼りない感じと、カッコ良すぎるアクションを繰り広げる主人公にギャップ萌え! そんな役を演じるリーアムが、ほかの作品とは違った魅力を発揮しています。

「リーアム・ニーソンのアクション映画って全部同じような感じじゃないの?」と思っている人が多いかもしれませんが、ここで紹介した通り、意図せず危険に巻き込まれたり、愛する人を救うためだったりと様々な状況で、いろいろな表情を見せながら、リーアムはアクションに挑んでいます。リーアムの主演作は、どれも見たらクセになる吸引力を持った映画ばかりなので、一つずつチョイスして、ぜひ楽しんで見てくださいね!

Writer | 清水久美子

映画・海外ドラマ・音楽ライター。昼はメーカーでOL、夜は音楽雑誌の編集アシスタントをこなした後、パソコン雑誌で編集業務に就く。その後フリーライターとなり、俳優や監督・ミュージシャンのインタビュー、執筆に日々奔走。試写室通いで時には1日4本の映画を観ることも。移動中もスマホは目が疲れるので、いつもポータブルDVDプレイヤー持参で何かしら観ています。

Banner

関連するポスト

Copyright (C) GAGA Corporation. All Rights Reserved.
GAGA