ホーム > 可愛いは正義!美少女を愛でることができる映画5選

可愛いは正義!美少女を愛でることができる映画5選

2019.05.01(Wed) | 斎藤香

ショービジネスの世界には美しい人はたくさんいますが、若くて可愛い人というのは別格だと思います。なぜなら人は年を取るから、“若くて可愛い”で勝負できる時間は限られているのです。短命だからこそ貴重! そんなわけで、若くて可愛い美少女たちが輝く映画を集めてみました。あなたの好みの美少女はいるかしら?

美少女たちのハイテンション演技に圧倒される『映画 賭ケグルイ』
賭ケグルイ
同名人気漫画の実写ドラマ化が大成功した「賭けグルイ」の映画版が登場です。本作の若き女優陣は、日本の芸能界の美少女の中でも注目の個性派メンバーばかり。ギャンブルに落ちていく様をハイテンションに熱演しています。

夢子(浜辺美波)と生徒会長(池田エライザ)のギャンブルバトルに邪魔者が現れます。それは非ギャンブルの白装束軍団「ヴィレッジ」。ヴィレッジが目障りな生徒会は、不参加者には退学処分が下される「生徒代表指名選挙」を開催。夢子と同級生の鈴井(高杉真宙)、芽亜里(森川葵)は参戦することになりますが……。

絵に描いたような美少女の浜辺美波が、ギャンブルになると豹変する様がスゴイ!ほかにも池田エライザ、ドラマ「3年A組-今から皆さんは人質です-」の熱演が話題になった福原遥、数々の映画やドラマで活躍する森川葵、乃木坂48の松村沙友理など可愛い子がいっぱい出演していますが、全員変人キャラ! 可愛さとのギャップをお楽しみください。

『映画 賭ケグルイ』5月3日(金)公開
ハリウッドが誇る永遠の美少女エル・ファニング『ネオン・デーモン』
ネオン・デーモン
子役時代から「かわいい」と評判だったエルは、美しさだけでなく演技力にも磨きをかけて、いつの間にか演技派女優へと成長しました。『ネオン・デーモン』はエルが狂気の美をスクリーンにぶつけた異色作です。

モデルになるために田舎町からLAに出てきた16歳のジェシー(エル・ファニング)。あっという間にデザイナーやカメラマンを魅了してトップモデルへの階段を登り始めます。しかし、彼女に嫉妬するライバルモデルや美に執着するモデル業界の裏側など、ジェシーを取り巻く環境はまさに闇。その中で彼女は徐々に変わっていくのです……。

モデルを夢見た純粋で美しい少女が、ファッション業界人の野心や嫉妬に巻き込まれていく様を独特の映像美で描いた作品。モデルたちはみんな神々しいほど美しいのに内面の美への執着心は狂気の域!エル・ファニングにとって実に挑戦的な作品であり、女優として新たな一面を披露しました。『ドライヴ』のニコラス・ウィンディング・レフン監督作。
リリー=ローズ・デップのガーリー少女美を堪能『プラネタリウム』
プラネタリウム
ナタリー・ポートマンとリリー=ローズ・デップが美人姉妹を演じるという夢のような共演作。スピリチュアルな世界に生きる姉妹の謎めいた運命を描いた作品です。

1930年、パリ。ローラ(ナタリー・ポートマン)とケイト(リリー=ローズ・デップ)は降霊術のショーが評判の美人姉妹。そんな二人に魅せられた映画プロデューサーのコルベン(エマニュエル・サランジェ)は、二人が呼び寄せた霊の映画を制作しようとするけれど、彼の無理な注文に応え続けたケイトは病に倒れてしまう。

ナタリーとリリーの2ショットが美し過ぎて息をのみます。ナタリーが大人の女性のエレガントな美を見せてくれる一方、リリーはまだ少女の面影を残しているところが可愛い。ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの娘ですが、どちらかといえば母親似かも。どんなファッションでも着こなすセンスの良さと、女優のキャリアが浅いにも関わらずスクリーンで独特の存在感を放つ姿は大物の予感がします。
鈴木杏と蒼井優のティーン時代の美を楽しむ『花とアリス』
花とアリス
鈴木杏と蒼井優が親友同士を演じる瑞々しい青春映画。人気監督の岩井俊二が、彼女たちの十代をきらめきをスクリーンに焼き付けた傑作です。

親友同士の花(鈴木杏)とアリス(蒼井優)は同じ高校に進学。花は片思いしている宮本(郭智博)と同じ落研に入部。アリスはタレント事務所にスカウトされてオーディションを受け始めます。ある日、宮本がシャッターに激突して記憶喪失に。その様子を目撃した花はとっさに宮本の彼女のフリをしてしまうのですが……。

ちょっとした嘘が幸運を引き寄せたり、思い切った行動が未来を切り開いたり、平凡な日常の中で起こるちょっとした出来事に一喜一憂するティーンの青春を美しく切り取った作品。個性的な花を演じる鈴木杏のリアルとガーリー少女風の蒼井優のフワフワした魅力が溶け合って突出した少女映画に仕上がっています。オーディションでアリスがバレエを踊るシーンは映画ファンの間で語り継がれる美しい名場面! 必見です。
美少女とオタクの恋物語。中条あやみの代表作かも!?『3D彼女 リアルガール』
3D彼女
オタクな高校生と学園一の美少女の異色カップルが、恋をすることで自分を変えていく勇気を得る姿を描いたさわやか青春映画です。

二次元アイドルに夢中の光(佐野勇斗)はある日突然、学園ナンバー1の美女・色葉(中条あやみ)に「付き合って」と告白されます。からかわれていると思いながらも悪い気はしない光は付き合うことに。しかし、リアルな彼女がいたことがないのでどう接していいかわからず困り果てる羽目になるのです。

とにかく中条あやみが美しい! 色葉は光のことを「つっつん」と呼ぶのですが、その呼び方も可愛くて。コミュ障のオタク少年がリアルに恋をすることで二次元の世界から三次元の世界へとジャンプする瞬間も描き、オタクの心の成長物語としても秀逸。数々の映画に出演している中条あやみですが、彼女の美しさと素直な可愛さをストレートに出し切った本作は代表作の1本と言えるでしょう。

日本の美少女は美しさよりも可愛さが際立ち、海外の美少女は可愛さの中に毒や色気も内包しています。日本は少女が大人の女性のような色気をアピールするのは下品という発想があるのかも? 日本と海外の美少女の定義を考えながら見比べてみるのも楽しいかもしれません。

Writer | 斎藤香

映画ライター 映画誌の編集者を経てフリーに。映画レビュー、監督&俳優へのインタビュー、書籍ライティングなどで活動中。映画のほかには教育関連の取材執筆もいたします。好きな監督はウディ・アレン、トーマス・アルフレッドソン、アルフレッド・ヒッチコックなど多数。

Banner

関連するポスト

Copyright (C) GAGA Corporation. All Rights Reserved.
GAGA